So-net無料ブログ作成
検索選択

足利事件の主任弁護人が検察官に講演、捜査を批判 (産経新聞)

 平成2年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で、主任弁護人の佐藤博史弁護士は10日、再審無罪となった菅家利和さん(63)の検察側の捜査と公判のあり方や問題点などについて、最高検や東京地検などの検察官約70人を前に講演した。最高検が4月に公表した検証結果報告書について、佐藤弁護士は「公判が正しく機能すれば、早期に冤罪(えんざい)の救済を図ることができるという視点が欠けている」と批判した。

 最高検は4月、精度が低かった当時のDNA型鑑定を過大に評価し、自白の吟味が不十分だったため虚偽の自白を見抜けなかったなどとする検証結果報告書を公表した。これに対し、佐藤弁護士は「起訴後も菅家さんの無罪に気づくチャンスがあったのでは」と述べ、検察側の公判活動の問題点と反省点の検証が不十分と指摘。教訓として、弁護人から再鑑定が請求された場合はいたずらに反対せず、検察官として積極的に再鑑定に協力すべきだったとした。

 また、取り調べの様子を録音・録画する「可視化」が実施されれば、「秘密の暴露」を含む真実の自白か虚偽の自白かを、上級庁の高検や最高検で検証することも可能になると指摘。「取り調べの可視化は捜査側にも寄与することが大きい」と訴えた。

【関連記事】
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告 
新証拠5点すべて争点に 名張事件で弁護団方針
足利事件、菅家さんの選挙権が10年ぶり回復 
DNA型鑑定、もろ刃の剣 過信しすぎた「戒め」
「反省に立ち再出発」 栃木県警、署長会議で

鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか(産経新聞)
痴漢は生涯賃金408万減…名古屋市教委、規定手引(読売新聞)
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定(医療介護CBニュース)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
宮古島で震度3(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。